私は甘いものが好き!

すみれさん(@sumiresakurasky) • Instagram写真と動画

投稿の大半を占めるのがスイーツたち。手作りのマフィンをはじめパンケーキやクッキー…。添えられている文章には日々の出来事だけでなく、二人の娘さんのことも綴られています。


───娘さんがいらっしゃるんですね。

すみれ:もう大きいんですよ。上の娘は社会人、下の娘は高校生です。だから私もいい歳(笑)。インスタで私が顔まで写ったことは一度もないので、がっかりされたら嫌だなって(笑)。


───そもそもお菓子作りを始めたきっかけって何ですか?

すみれ:もともと私が甘いもの全般が大好きで。小さい頃は、家にオーブンがなかったので、お友達のところに行ってやっと作らせてもらえるものでした。結婚するまでも、作るということに対してさほど興味はなく、美味しいものを買いに行くことの方が多かったですね。それが結婚してオーブンがある環境になってからは、作りたくて、作るのが楽しくて。日常的に作るようになったのは子供が生まれてからです。


───娘さんのおやつ作りですか?

すみれ:そうなんです。私自身がアトピーということもあって、子供におやつを食べさせるのに、体に悪そうなものが入っているのは嫌だなと思って。パンケーキに顔をつけるっていう、ありがちなところから始めました(笑)。そうすることで普段食べないものでも、喜んで食べてくれる姿がうれしくて。パンケーキが一番多かったかもしれませんが、パウンドケーキや白玉団子、寒天…いろいろ作りましたね。


すみれさん(@sumiresakurasky) • Instagram写真と動画

───たまに載っていたパンケーキは母と娘の“思い出のスイーツ”だったんですね!

すみれ:今になったら、「ママの作る顔はバランス悪い」とか「なんかちょっとシュール」とか言うんです。ちっちゃいときはあんなに喜んでくれたのにって(笑)。


───マフィンにハマったきっかけは何だったんですか。

すみれ:蔵前にあるデイリーマフィンを食べてからです。ここのコンセプトは“毎日食べられるマフィン”なんですけど、その名の通り、何度でも食べたくなるマフィンに衝撃を受けてしまって。マフィンって私たちの世代だとあまり親しみがなくて、カップケーキと何が違うの?みたいな不思議な存在ですよね。それが、中身を変えれるだけでいろんな味が楽しめて、毎日食べられるし、そして誰でも作れるっていうことが私にはすごく魅力的だったんです。


───マフィンを焼くのって、大変じゃないですか。

すみれ:苦じゃないんです。むしろ仕事ですっごく疲れて帰ってきても、明日の朝のパンがないと、じゃ焼こうかなって。私自身が、定期的に食べたくなるということもあって週に2〜3回は焼いていると思います。最近は、次女がダイエット中だからちょっと困るって言いますけどね(笑)。


───ほかに、娘さんはどんな反応をされるんですか。

すみれ:娘たちは一番厳しいです。美味しくないと食べてくれない。「これちょっとボソボソじゃない?」「なんか違う」とか言いますよ。そしたら、次はどこを変えたらいいか考えます。お世辞を言わないから「美味しい」だけじゃなくて「また次も絶対に食べたい」って言われたら、本当に美味しかったんだなってやっと思える感じです。


───すみれさんの作るマフィンっていろんな具材のバリエーションがありますよね。

すみれ:何種類あるかは考えたことがないですね。今日はスパイシーなものが食べたいな、果物系がいいな、とか作るものはその時の気分です。いただいた柿があったり、今だったらリンゴが美味しい季節だなとか、あるものを入れられるのがマフィンの魅力なんです。

インスタグラムとマフィン

すみれさんがマフィン作りを本格的に始めた3年前から、インスタグラムにも多く登場するようになります。面白いのは、昔と今とマフィンをめぐる投稿スタイルが大きく変わっていること。それは、すみれさん自身の“心の変化”の表れでも。



───そもそもインスタを始めたきっかけは何だったんですか?

すみれ:下の娘が小学校を卒業するくらいのタイミングで時間的な余裕があったんです。雑誌かテレビかで見て、やってみようかなという軽い気持ちで始めたと思います。今振り返って見たら、最初の方はガラケーで撮ってたから画像も暗くて(笑)。


───確かに暗い(笑)。今と全然違いますね。

すみれ:なんとなくやっていたんです。そのころは楽しいか、っていうとそうでもなかったと思います。でも今は、完全に楽しみでしかないです。


───えー!変わったきっかけって?

すみれ:マフィン作りにも慣れて、載せることが楽しいと思い始めた頃だと思います。それまでは、マフィンをただ一個載せても…って、マフィンを置いてそこにいろんなものをバランスよく配置していくスタイルだったんです。それがたった一個を撮った写真を載せたら、フォロワーさんが一気に増えて。

すみれさん(@sumiresakurasky) • Instagram写真と動画すみれさん(@sumiresakurasky) • Instagram写真と動画



───すっごく可愛いですもん!

すみれ:あの写真は純粋に、マフィンをただ見て欲しかったんですよ。できたマフィンが可愛くて、みんなにこれ可愛くない? っていう気持ちで載せた投稿だったんです。それが、たった一個で、しかも代わり映えしない一個なのに、いいと思っていくれる人がたくさんいることにびっくりしました。


───そこから変わっていったんですね。

すみれ:そのまんまでいいんだなと思ったんです。私が好きなように、自分が可愛いと思ったもので大丈夫なんだなって。


───今ではマフィン一個の写真にもたくさんのいいね!がついてますよね。どんな気持ちですか?

すみれ:食べて欲しい!ってすごく思うんです。美味しそう〜ってコメントをくださるじゃないですか。もう、食べてもらいたい〜って!