そんな2019年、インテリアとして飾っても可愛いフォトジェニックな鏡餅が登場し、インスタグラムで人気を集めています。今回は、そんなSNS時代に登場した「ガラスの鏡餅」をご紹介させていただきます!

どの鏡餅が好み?飾って可愛い「ガラスの鏡餅」


実際に鏡餅を買っても、うっかり鏡開きを忘れていたり、お餅が余ってしまって結局手をつけなかった…なんてことは経験したことのある人も多いはず。「ガラスの鏡餅」の人気の秘密は、その見た目の可愛さはもちろん、何度でも繰り返し使える利便性とガラス職人がひとつひとつ手作業で作る希少性にあります。毎年年に一度だけ飾る鏡餅が、世界にひとつだけの作品だなんてとても素敵ですよね。

インスタグラムに投稿されていた「ガラスの鏡餅」も、本来の鏡餅をイメージした白い鏡餅からガラスの特性を活かした透明な鏡餅、透明なガラスの中に金箔が浮かぶ鏡餅など、そのアレンジ幅の広さにも目を見張るものがありました。実際に「#ガラスの鏡餅」で検索してみると、個性豊かなガラスの鏡餅が並んでいます。


実際の投稿を見てみよう!「ガラスの鏡餅」飾り方いろいろ

Naoさん(@nao.333) • Instagram写真と動画


白とオレンジのハッキリしたコントラストが素敵な「ガラスの鏡餅」は、モノトーンなお部屋に飾ってもよく映えます。門松などお正月に欠かせない小物と一緒に飾れば、お正月気分を存分に味わうことができそうです。


ガラス工房 Merhabaさん(@glass.merhaba) • Instagram写真と動画


透明の「ガラスの鏡餅」なら、シンプルに日当たりの良い場所に置くだけで光が反射してとても綺麗。お餅の中に浮かぶ無数の泡とカラフルに色付けられたミカンがとっても可愛い作品です。


かよさん(@mittette) • Instagram写真と動画


本物のお餅のように巧妙に作られたこちらの作品は、手のひらにもちょこんとのってしまうくらい小ぶりなガラスの鏡餅。お餅の質感や粉のかかり方等もとても繊細に作られていて、小さいながらも部屋の一角で確かな存在感を示してくれそうです。


まとめ

今回は、2019年のお正月にインスタグラムを賑わせていた「ガラスの鏡餅」をご紹介させていただきました。古くから伝わってきた風習は形を変え、現代の人々の暮らしにフィットするように変化してきています。SNSを通じて今までの型からさまざまな形に多様化してきているのを肌で感じ、とても興味深く感じた今回の話題。2019年はこれからどんなものがアップデートされていくのか、今年のSNSの動向も見逃せません。